北海道支部

北海道支部 第1回Web公開セミナー
「北海道の小果実の生産・加工・流通の現状と今後の展望」開催のお知らせ

開催の趣旨


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴いR2年度の北海道支部大会は中止となりました。その後、支部大会に代わるイベントを模索してきましたが、現時点では対面での企画ができないため北海道の食材を活用した題材で生産・加工・流通までの流れを学べるWebセミナーを企画しました。今回は北海道で栽培されている小果実に焦点をあてて生産段階、加工段階、流通段階でその業務に携わっている方より現状と課題についてお話いただき、チャット機能等を活用して質疑を行い、今後の研究や開発の進展につなげられればと思っています。皆様、是非ご参加ください。

日 時


2020年12月5日(土曜日) 13:10 ~ 16:40

場 所


Zoomによるオンライン配信


プログラム


1.開会の挨拶(13:10~13:20)舩津 保浩 北海道支部長

2.講演

北海道の小果実の関するセミナー開催にあたって(13:20~13:30)
大谷 克城(酪農学園大学)

1.   北海道の小果実生産と加工(13:30~14:10)
  田村 吉史(地方独立行政法人北海道立総合研究機構 中央農業試験場)

2.    日本一の厚真産ハスカップ、生産への取り組み(14:10~14:50)
  山口 善紀 (山口農園(厚真町))

3.    小果実加工の現状と今後の展望(14:50~15:30)
  湊 由光 (株式会社自然農園(ベリーベリーファーム上田))

4.    北海道産小果実の利用拡大を目指して(15:30~16:10)
  大屋 収 (株式会社ホクユーファーマー)

総括質疑(16:10~16:30) 

3.閉会挨拶(16:30~16:40)

・定員 : 100人(事前登録必要)
・受講料 : 無料
・主催 : (一社)日本食品科学工学会 北海道支部
・後援: 公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター


申し込み方法


1. 氏名 2. 所属 3. 公益社団法人 日本食品科学工学会員の有無 4. 電話番号を明記のうえ、メール(abe-tsutomu<at>rakuno.ac.jp)までお申込み下さい。

*セミナー参加方法につきましてはお申し込み後にメールにてご案内致します。
*申込〆切日:2020年11月30日
*1メールに対し、1名様の申し込みが有効です。
*本セミナーに使用するZoomの使用トラブルに対して学会ではフォロー致しかねます。

公益社団法人 日本食品科学工学会 北海道支部 
支部長 舩津 保浩(酪農学園大学)

 

問い合わせ・申込先


事務局: 阿部 茂(酪農学園大学)

E-mail: abe-tsutomu<at>rakuno.ac.jp

Tel: 011-388-4819 / Fax: 011-387-6092




下記資料はこちらからご覧ください
●北海道支部大会2020年3月6日講演要旨集
●北海道支部大会2018年12月2日講演要旨集
●北海道支部大会2018年3月9日講演要旨集
●北海道支部大会2017年講演要旨集
●北海道支部大会の要旨作成要項